女性のバランスアップスクールの公式ホームページ➡子育て一段落★何をするか迷ってる40代50代女性の起業・副業・生き方を見つけて輝く準備をするスクール

40代・50代子育て一段落した女性の
自分に合った起業・副業・生き方を見つけて輝く!

女性のバランスアップ
スクール

私の好きなことって何だっけ!?
これから何をしたらいいかわからない…

これからの生き方に迷っている…
無料オンライン講座
『40代50代の転機をチャンスにする1日準備講座』開催中

メールでのお問合せは24時間・365日OK

(月~土9:00~18:00)

03-5537-5237

~お気軽にお電話ください~

40代・50代子育てが一段落してこれから
何をしたらい良いか迷っている女性の次の人生の準備

子育てが一段落した女性の
起業・副業…次のライフステージの
準備をするスクール

佐倉由夏のコラム/
女性の生き方と幸せ

バランスアップウィメンズライフコンサルタンツ

佐 倉 由 夏

女性の幸せと生き方

女性の生き方と悩み

仕事に人生をかけて結婚はしない生き方、結婚して子供は持たずに夫婦で暮らす生き方、結婚して子供を産み育てる生き方・・・どんな人生を選んでも、私たちは皆「幸せになりたい!」と思っています。だから、悩むのです。

人生、大いに悩みましょう。悩むことは考えること。悩み、考えながら取捨選択をしていくことで、少しずつあなたらしい人生になっていくのです。時に、この選択は間違っているかも!?・・・と不安に思うこともあるかも知れませんが、長い人生で考えると、「あの時は大変だったけど、いい経験になったわ。」、「あの時の経験があるから今があるのよね。」と多くの先輩方はおっしゃいます。私もそう思います。

だから、大丈夫です。あなたが、その時、良いと思ったことをすればいいのです。

 

『その時、自分が良いと思ったことをすればいいのです』

女性の幸せって何?

女性の生き方100人100色。結婚して家族を作ることが幸せと思う人、仕事で活躍することが幸せと思う人、一人で自由にいることが幸せと思う人―――あなたは、どんな生き方が幸せだと思いますか?

ちなみに、私自身は、自分が死ぬ前に、「あ~私は幸せだったな~。みんなありがとう!!」と言えたら、それが一番幸せな人生だと思っています。

令和時代を迎えた今、社会情勢は大変な時を迎えていますが、このような時こそ、”小さな幸せ”を大切にしたいものです。

あなたにとっての「幸せ」は何でしょうか?

幸せは、人と比べてはいけません。あなたが「幸せ」と思える時―――それが、あなたにとっての幸せです。一つだけではないかも知れません。いくつかのシーンがあるかも知れません。

全ての幸せが叶わない時でも、自分の幸せの軸さえ持っていれば、小さな幸せを感じながら生きていくことは出来るでしょう。世界や社会の方向性が定まらい、未知や不安の多い時だからこそ、どんな状況下に於いても、あなたらしい選択ができるように、自分の「幸せ軸」だけは、知っておくと良いかも知れません。

 

『自分の「幸せ軸」を知っておきましょう』

女性の生き方は自由になった代わりに・・・!?

日本でも、女性の生き方は、とても自由になりました。

昭和の時代は、「20代で結婚して専業主婦になって、三食昼寝付きが女性の幸せ」という日本社会の共通の価値観があり、そこまで沢山の選択肢がなかったため、女性の人生、迷う要素も少なかった時代でした。その後、平成時代を経て、女性の仕事やライフスタイルは大きく変化しました。

そして令和時代の今、女性の選択肢は広がり、沢山の「自由」を得ています。仕事をし続けるかどうかも自由、結婚するかしないかも自由、子供を産む産まないも自由、何歳で結婚するかも自由、どんな働き方をするかも自由―――働く女性たちは選択肢が広がり、「自分はどんな仕事が合っているのか」、「自分らしい自由な生き方」、「仕事と家庭と自分の両立」など、自由になった代わりに、悩みや課題が多くなっているのが現状です。

でも、よく考えてみて下さい。選択肢が沢山あって自由であるということ、それ自体は、幸せなことなのです。

 

『選択肢が広く自由なことは、幸せなことです。』

女性の転機はチャンス!!

多くの女性たちは、就職~転職~結婚~出産~子育て後の人生・・・など、ライフステージが変化していきます。このように何度となくやってくる人生の転換期を、私たちのスクールでは、転機と呼んでいます。「転機」は、英語では、”chance”(チャンス)。

そして、その変化ごとに、女性は、先輩として、上司として、妻やパートナーとして、母として―――と自分の役割や仕事(課題)も増えていきます。大変だな~と思う人も多いかも知れませんが、それだけ、たくさんの経験が出来るということは、人として成長し豊かになる素晴らしいチャンスです。

沢山の経験を重ねるということは、自信もスキルも付いていきます。だから、大丈夫です。人は、変化する時は、誰しも不安なものです。もちろん、自分が望まないことは挑戦することはありません。チャンスは、何度もやってくるとは限りません。それが、自分が望むことであれば、転機はチャンスと思って前向きに捉えましょう。

 

『転機が多い人ほどチャンスが多いのが、女性の人生』

働く女性の結婚~出産・育児の現状と悩み

 

私は、23歳で結婚し、育児が出来るまで長かったものですから、その期間は、時間もエネルギーも全力を、仕事と自分磨きだけに注ぐことが出来ました。仕事は、自分が努力さえすれば、そして諦めなければ、必ずその成果や結果が得られます。それだけに没頭できるのですから、そういう時は、仕事も楽しいものです。

 ところが、育児が始まると、仕事のこと、夫婦のこと、子供のこと(子供の世話~朝の準備~習いごとの送り迎え~学校行事)、家族の健康、家計のこと、毎日の家族の食事(買い物~下ごしらえ~料理~片付け)、洗濯物、片付けや掃除、ママ友との付き合い、親のこと、親戚との付き合い―――等々、やる仕事も考えることも悩みも一気に増えました。忙しくなると、悩む時間もなく、もう時間もいっぱい一杯、気持ちもいっぱい一杯、私の場合特に遅い子育てだったので体力的にもいっぱい一杯・・・という感じでした。

 育児と家事と仕事の両立は、実際の家事や育児の仕事量も多いですが、その時間的にも、エネルギー的にも、時に経済的にも大変です。でも、子供はやはり可愛いので、いつの時代も母親たちは、自分のことは後回しにして、日々に追われながら一生懸命になるのが世の常です。

 多少の手抜きをしたとしても、夫婦で助け合ったとしても、パンクしてしまう家庭は少なくありません。私も、家事や育児など家庭のウェイトを高くしていた頃、平成時代になってから、家族内の事件が増えました。そんなニュースを耳にすると悲しくなります。もっと早いうちに、女性や夫婦のバランスアップをしてあげられていたら・・・といつも思います。

 私の場合、仕事と育児と家事と自分自身のバランスアップのために、両親を呼び寄せて同居し、有難いことに、母のサポートを得ることができました。母親も仕事をしながらでしたが、子育て経験のある先輩女性の存在は頼もしいものでした。

 

 では、親のサポートが得られない場合は、どうしたら良いでしょうか。実際の家事や育児であれば、行政のサポートを使うのも良いでしょうし、家事や育児など代行サービスを利用するのも良いでしょう。

 ただ、一番必要なのは、メンタル的な面で味方になってくれるサポーターです。

 自分のことを話せるサポーターを持ちましょう。

 いつでも自分の味方として応援してくれるサポーター、理解者として話を聴いてくれるサポーター、必要な知恵や知識を教えてくれるサポーター、時にはメンターとなり時にはロールモデルにもなってくれるサポーター。

 友達、母親、先輩、恩師、その他どなたか話せる人を探しましょう。

 もし、心当たりが無ければ、バランスアップコンサルタントに話しましょう。自分を理解してもらえるサポーターがいるだけで、気持ちが軽くなるものです。定期的に、または、自分がいつでも話せるサポーターを持つことで、自信もつき、前進できるようになるでしょう。

 

『自分のことを話せるサポーターを持ちましょう』