女性のバランスアップスクールの公式ホームページ➡子育て一段落★何をするか迷ってる40代50代女性の起業・副業・生き方を見つけて輝く準備をするスクール

40代・50代子育て一段落した女性の
自分に合った起業・副業・生き方を見つけて輝く!

女性のバランスアップ
スクール

私の好きなことって何だっけ!?
これから何をしたらいいかわからない…

これからの生き方に迷っている…
無料オンライン講座
『40代50代の転機をチャンスにする1日準備講座』開催中

メールでのお問合せは24時間・365日OK

(月~土9:00~18:00)

03-5537-5237

~お気軽にお電話ください~

40代・50代子育てが一段落してこれから
何をしたらい良いか迷っている女性の次の人生の準備

子育てが一段落した女性の
起業・副業…次のライフステージの
準備をするスクール

佐倉由夏のコラム/
女性の幸せと生き方

バランスアップウィメンズライフコンサルタンツ

佐 倉 由 夏

頑張り過ぎているあなたへ

時には思い切って休みましょう

 あなたは、休むことに罪悪感があるのではないでしょうか。

 でも、これを読んでいらっしゃるということは、あなたには、少し休養が必要なのかも知れません。

(確かに疲れている、、、)

 あなたがもし、そう感じるのであれば、今は、心も体もゆっくり休ませげあげましょう。

 外でも家でもいつも働き続けているママ、何かしら人にしてあげることが好きな世話好きな方、人に気を配ることが得意なサービス精神旺盛な方、いつも人の話を聴いてあげる側の聴き役の方――は、時には、意識的に、自分がしてもらう立場になりましょう。

 ”GIVE&TAKE(ギブアンドテイク)”と言います。”GIVE”ばかりだと、心のバランスが取れなくなってしまいます。

思いっきりリラックスできるアロママッサージーなどで、心も体も開放されてみるのはいかがでしょうか。心も癒される体のバランスアップを。

 リラックスして体の疲れが取れた後、それでも、心の疲れやモヤモヤが取れない…という時は、プロのサポーターに、電話で自分の話を聴いてもらうことで、”心のバランスアップ”をしてみるのはいかがでしょうか。

 とにかく、いつも人のことばかりしている人は、何かしら自分がしてもらうことで、心のバランスを取り戻しましょう。

 

『いつも人のことばかりしている人は、時々、自分が何かをしてもらうシーンを作って、心のバランスを保ちましょう』

時には手抜きをしましょう!

 毎日、頑張り続けている皆さん!

 日頃から頑張り続けてしまうタイプの方は、あまり頑張り続け過ぎていると、あなたの場合、心のバランスがかなり崩れていても、爆発するまで気づかないかも知れません。または、そのことに蓋をして気づかないふりをし続けてしまうかも知れません。あなたが倒れてからしか、周りの人はそれに気付かないかも知れません。

 そうなる前に、時には、手を抜くことも大切です。実は、手を抜くことが、その状況のバランスを取ることにもなるのです。

 時々、手を抜いておくことは、それでも、その状況のバランスが取れるのだということを知ることにもなります。職場でも、家庭でも、もし、関わる人が全員、120%150%頑張り続けると、全てのバランスが崩れ、修正は出来なくなり、崩壊しかなくなります。”手を抜く”という表現は、あまり聞こえが良くないかも知れませんが、少し省エネにするということです。

 これは、リスク回避のためでもあります。

 「そう言われると、私、ちょっと頑張り過ぎかも」と思ったら、あなたは、勇気を持って、すぐ、手を抜く日(または箇所)が必要です。それは、あなたの心と体の健康のためでもあり、全体のバランスのためにもなることなのです。そして、また復活したら、元気に頑張れば良いのですから。

 心と体の健康=命です。命は無限ではありません。命より大切なものはありません。だから、命に関わることでない限り、時には、サボったって大丈夫です。心のバランスアップは、意識的に行いましょう。あなたのメンテナンスが、職場や家族のためにもなります。

 そして、できれば関わるメンバー全員が、80%の頑張りでも、バランスが取れる状態を作っておきましょう。そうでなければ、緊急時を乗り越えることはできません。

 リスク回避のためにも、時には、意識的に手抜きをすることも覚えておきましょう。

 

『あなたの心と体のバランスより、大切なものはありません』

そんなに焦らなくても大丈夫①

 世界は、パズルのピースのように、様々な役割で支え合っています。そこに、「時」を重ねてみると、大勢の人たちがお互い時期をずらして生まれてくるので、成長の時期も異なります。活躍する時期も異なります。皆、いつかどこかのタイミングで必ず社会に貢献しているのです。

 だから、あなたがもし、今すぐ成果が出ていなかったとしても、誰かの役に立っている実感がなかったとしても、焦らないでください。今のあなたの努力は、将来必ず役に立つでしょう。

 既に、あなたの努力を見ている周囲の人が、それを見て励まされているかも知れません。あなたの「おはよう!」という元気な声に活力をもらっているかも知れません。あなたの「ありがとう!」という笑顔で、笑顔になれたかも知れません。あなたの笑いで、元気になれたかも知れません。あなたがそこに居るだけで安心して、癒されている人もいるかも知れません。

 今はそんなエネルギーもない・・・という時は、今元気な人から、笑顔や元気、癒しを頂く側になりましょう。与える人と与えられる人がいて、世の中は成り立っているのですから、時には、受け取る側になっても良いのです。時には、誰かに甘えてもいいのです。

 与える人にとっては、与えられる人がいることで、救われていることも忘れないで下さい。だから、甘えられる人を見つけたら、喜んで甘えてあげてください☆

 皆、見えないところ、気づかないところで、お互いが、お互いを支え合っているのが、この世の中です。だから、人生、そんなに焦らなくても大丈夫です。やりたい時はやる!やれない時はやらない。あなたのやる気とチャンスが重なる「時」がきっとやってくるでしょう。

 

やる気とチャンスが重なる「時」は必ずやってくる!!

 

そんなに焦らなくても大丈夫②

 がむしゃらに頑張っている貴女、「今がチャンス!」と思う方は、是非、今に集中して頑張って下さい!そこに気づいたあなたなら、きっと出来ます!!

 今は、少しエネルギーダウンしたいと思っている貴女は、あなたが今、できることだけをすれば大丈夫です。自分のできる範囲で、頑張ればいいだけです。自分が倒れたら、周りの人を助けることもできません。まず大切にしなければいけないのは「自分」。自分の心と体の健康です。

 今は、やりたい仕事をやっている訳でもないし、何となくモヤモヤしてスッキリしない…という方。このような先の見えない時代は、今できる仕事があるだけでも、幸せなことです。目の前の仕事を大切にしましょう。

 どんなに目立たないことでも、たとえ本来やりたいことと全く関係無いことをしていたとしても、それは、いつか、あなたの未来で「繋がっていたんだ!」とわかる日がくるでしょう。

 だから、人生、そんなに焦らなくても大丈夫です。

 但し、職場の仕事はもちろん、家事や他者へのサポート、ボランティア活動…どんな仕事であっても、誇りを持って行いましょう。心を込めて、取り組みましょう!

 どんな仕事でも、今、貴女ができることは、世界のピースの1つとして考えると、あなたに与えられている大切な大切な仕事なのですから。

 

『今、あなたの目の前の仕事は、あなたに与えられている立派な仕事です』

 

人生の春夏秋冬

 日本の自然には、春夏秋冬という四季折々の自然があります。

 あなたは、どんな季節が好きですか?

 私は、チューリップや桜の花の咲き乱れる春の季節は、心が躍りウキウキしてきます。そして、春の花々や芽吹きの写真を撮りに出かけたくなります。中でも、自分の誕生月である新緑の輝く5月は特に好きです。大好きな薔薇の花が咲き誇る季節であることも、その理由の一つです。

 でも、そのような華やかな「春」の前には、必ず「冬」という季節があります。春に咲く花々やそれを咲かせる木々も、冬は、土の中でしっかり養分を蓄え、花を咲かせる準備をしています。そして、自分の季節が来た時、美しい花を咲かせることが出来ます。

 それぞれの花にも、自分の季節があるように、私たち人間にも、人生の季節はあるようです。今、何をやっても上手くいく!というのであれば、どんどん新しいことに挑戦して、頑張って下さい!

 でも、もしあなたが、最近何をやっても上手くいかない・・・という時期が長く続いているようであれば、それは、あなたの人生にとって、今「冬の時期」なのかも知れません。つまり根気よく耐えて養分をしっかり吸収する修行のような時です。

 そこそこ長く人生を生きていると、人生にも、春夏秋冬のような周期があるように感じています。そして、人生の冬の時期というのは、次の春に向けての、様々な学びや気づきの多い時だと思っています。

 特に、自分が考えてもいなかった経験をする”逆境”が多い時のように思いますが、それらの経験や知識は、次の春の季節、美しい花を咲かせるために、あなたの魅力が増し、根を深くしてくれることでしょう。

 がむしゃらにもがくことが必要な時もありますが、もしあなたが、”もしかしたら、今は、私にとって冬の時期かも知れない・・・”と思ったら、そんな時は、自然の流れに身を任せてみましょう。力を抜けば、少し気持ちも楽になるかも知れません。

 

『冬の次には、また春がやってきます』